Read Article

中古物件を購入したら雨漏りしていた

中古住宅を購入したら雨漏りしていた?

中古住宅の画像昨今、中古住宅の売買が活性化しております。新築を建てるよりも立地の良い中古住宅を購入してリフォームしたほうが生活するのに便利と考える方も少なくないと思いますし、マンション売買に投資する個人も増えているようです。

しかし、それと同時に購入してすぐ雨漏りが見つかり、売主と買主との間でトラブルに発展するケースも増えてきております。

既存住宅かし保険制度

住宅を売買する場合は不動産売買契約書の中に売主の瑕疵担保責任の条項が記載されています。これは、物件に隠れた雨漏りやシロアリ被害など、売り主から聞いていなかった瑕疵などが見つかった場合、あらかじめ定められた期間内は売り主が保証するというものです。

この瑕疵担保の期間は、売主が宅建業者の場合は2年以上、売主が個人の場合は半年以内とされるケースが多く、補償期間を過ぎたあとで瑕疵が発生した場合は自腹ということになるので、中古住宅を購入するにはリスクが伴うことになります。

そこで国が支援しているのが第三者が中古住宅の瑕疵を保証する制度、既存住宅かし保険です。ある一定の条件を満たせば、売買後にあらわれた瑕疵の修繕費用を補償するという保険で、宅建業者用、個人間取引用、マンション戸別用に分かれています。中古住宅を購入する場合は既存住宅かし保険が付いているかどうかを確認することが必須となってきます。

中古住宅を売買する前に検査する

既存住宅の雨漏り赤外線診断画像そもそも、中古住宅売買においては売主、買主ともにトラブルを避けたいはずです。でも、売主が気が付いていない雨漏りがあった場合は?それでも買主から補償を求められてしまいます。本来は売買が終わったはずなのに、下手をすると多額の損失が発生してしまうことになりかねません。

そこでお勧めするのが雨漏り119の赤外線雨漏り診断です。戸建て、マンションなどを売る計画段階で現状に雨漏りがないか、あるいは近年中に雨漏りする可能性がある部位がないかを診断しておけば、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。

既存住宅の雨漏り診断

戸建て住宅の場合

180,000円~

マンション・アパートの場合

250,000円~

*表示価格は税別です。

雨漏りの無料相談窓口バナー画像

Return Top