Read Article

雨漏り対応が会社にとって死活問題になる

雨漏りは対応を間違うと死活問題になる

事業者様から雨漏り調査依頼をいただき、お施主様宅にご訪問すると、お叱りをいただくケースが増えてきております。
お話を伺ってみると以下のような統計が出ました。

訪問時にご立腹されているお施主様のうち80%以上の方が、事業者からは何も詳しい説明をきいていないことが不満だと言われています。

次に、13%の方が、下見などの当日、担当者が現場に来ないことが不満だと言われており、このような理由から私共が代わりに叱られることがあります。

なぜお施主様は怒っているのか

お施主様にとって“家”は何でしょうか?マイホームはおそらく生涯の中で最も高価な買い物であり、家族を守る場所です。もしも雨漏りしてしまったら、途方もない不安に駆られます。頼れるのは建ててもらった工務店つまり、建築事業者様しかません。

ところが、頼りたい事業者様が対応されなかったり、説明不足で情報が足りなかったりすると、不安どころか無碍にされたと思い、お怒りになられるのではないでしょうか。

もしも建てた家が雨漏りしてしてしまったら、恥ずかしいでしょうし、なんとなく訪問しにくいものだと思います。言い方は悪いかもしれませんが、面倒くさいクレームとして考えられている事業者様も少なくはありません。

だからと言って、このような対応をすれば会社の信用や評判は一気に下がってしまいます。

我々は雨漏り解決のプロ集団、第三者機関です。雨漏りの原因を突き止め、止めることを目的に活動しておりますので、雨漏りは私どもにお任せいただきたいのです。

そのためにも、お施主様との連絡や約束などはきちんと守られたほうが良いと思います。それ以外の部分はすべてお任せ頂ければ幸いです。

Return Top