Read Article

雨漏り修理費用の目安

修理とは
壊れたり傷んだりした部分に手を加えて再び使えるようにすること

雨漏り修理と応急処置の違い

雨漏り修理費用は、雨漏りのケースによって、あるいは修理方法や修理範囲によって価格は大きく変動します。
例えば、外側からの雨水浸入を止めるだけの場合と、被害を受けた構造部や内装仕上げ面まで修繕する場合とでは修理費用は大きく変わってきますし、雨漏りしている箇所が何か所あるか、あるいは二次被害がどこまで及んでいるかによっても修理費用は変動します。

屋根が原因で雨漏りし寝室の天井にしみがある場合

例えば、気付かないうちに瓦が割れていて雨漏りしていたとします。2階の寝室天井に染みが広がっているとします。この場合は雨水の浸入口を止めるために屋根の補修工事と内装の現状復旧工事のふたつが必要です。屋根に50,000円かかるとし、また天井のクロス・ボードを張り替えるのに50,000円かかったとすると、本件の雨漏り修理費用は100,000円ですね。これがスタンダードなプランです。

ただし、もし発見が遅れてしまって屋根下地が腐っていたらどうでしょうか?この腐った木構造部分も修繕しなければなりません。構造体の補強に50,000円かかるとすると、100,000+50,000=150,000 本件の雨漏り修理費用は150,000円となります。

このように、外部のA.補修費用B.内装の現状復旧費用C.構造体の補強費用の3つを併せて行うのが理想的な雨漏り修理といえます。

修理費用が¥25,000円などというのは応急処置レベルであり、これは修理費用としてはあり得ません。25,000円でできることは、シーリング材で隙間やひび割れを埋めたり、割れた瓦を差し替えたりと半日程度で終わるような作業です。このような応急処置では再発する可能性が高いので雨漏り119ではお勧めしません。

雨漏りのケースと雨漏り修理費用の目安

ベランダ笠木の雨漏りによる腐食画像

ベランダ笠木の雨漏りによる腐食画像

雨漏り原因が1か所でない場合や、柱や梁などの躯体(くたい)へ被害が及んでいる場合などによって修繕範囲が変わります。また、応急処置程度で良いのか、根本解決を図るのかによって価格は大きく変動します。

このように雨漏りのケースは様々ですので、一概にいくらくらいですとは言えませんが、過去のケースからある程度の平均価格帯を算出してみましたので参考にしてください。

築15年未満の瓦屋根の雨漏り修理費用の目安

瓦屋根の雨漏り修理屋根ルーフィング増し張り画像

瓦屋根の雨漏り修理屋根ルーフィングの補修画像

瓦屋根の雨漏り修理費用の目安は10万円~25万円くらいが平均価格帯です。ただし、屋根形状や棟瓦の高さ、建物の立地条件、既存瓦の劣化度合いなどにより変動します。

内装被害の現状復旧費用は、天井の張替え費用の目安が15万円~25万円くらいが平均価格帯です。
瓦屋根の雨漏り修理事例を見る

50㎡未満のカラーベスト屋根の雨漏り修理費用の目安

カラーベスト屋根の雨漏り修理画像

カラーベスト屋根の雨漏り修理中の画像

カラーベスト屋根の雨漏りは部分的な張り替えでは止まりません。少なくとも勾配が変わる屋根の一面あるいは、棟から半分などの範囲でカラーベストを剥がし、下葺き材である屋根ルーフィングから張りかえなければなりません。修理費用の目安は25万円~30万円くらいが平均価格帯です。

ただし、屋根下地が腐食していると下地から張りかえなければなりませんので追加費用が発生します。
カラーベスト屋根の雨漏り修理事例を見る

100㎡未満のガルバリウム鋼板瓦棒屋根の修理費用の目安

100㎡未満のガルバリウム鋼板瓦棒屋根の雨漏り修理画像

ガルバリウム鋼板屋根の雨漏り修理画像

100㎡未満のガルバリウム鋼板もしくはカラー鋼板の瓦棒屋根の雨漏り修理費用の目安は50万円~75万円くらいが平均価格帯です。

瓦棒屋根は緩勾配屋根であるケースが多く、屋根ルーフィングに問題があることがほとんどで、屋根ルーフィング材から張り替える必要があります。また屋根下地に腐れやカビの繁殖などの被害が及んでいれば下地補修費用が別途かかります。
ガルバリウム鋼板瓦棒屋根の雨漏り修理事例を見る

築10年未満の住宅のジョリパッド仕上げの外壁の雨漏りの場合

雨漏り修理費用の目安は70万円~120万円くらいが平均価格帯です。ただし、階数や建物の立地条件などにより変動します。内装の現状復旧工事や躯体(くたい)補修費用は含まれておりません。また築10年未満の場合は外部、内部の修補含めて住宅瑕疵担保責任保険が適用されます。

3階建て鉄骨ALC造タイル張りの外壁の雨漏りの修理費用の目安

雨漏り修理費用の目安は50万円~100万円くらいが平均価格帯です。ただし、同じタイルがない場合はタイル制作費として別途35万円かかります。タイル制作費については新たに焼きますので、一窯1枚~5000枚まで費用は同じです。

100㎡未満の屋上からの雨漏りの修理費用の目安

100㎡未満の屋上の雨漏り修理画像100㎡未満の屋上の雨漏り修理費用の目安は25万円~50万円くらいが平均価格帯です。

ただし屋上に倉庫があるとか、花壇があるとか、エアコン室外機があるなどの場合は別途移設費用などがかかります。

一般の住宅の屋上の免責がおよそ100㎡平均ですから、ルーフバルコニー程度の面積といえます。

200㎡未満の集合住宅の屋上からの雨漏りの修理費用の目安

雨漏り修理費用の目安は75万円~100万円くらいが平均価格帯です。屋上の場合は露出防水なのかあるいはコンクリート保護防水なのかによって費用は大きく変わって来ます。

露出防水なら部分補修できますが、コンクリート保護防水の場合は部分補修は不可能ですので全面改修となります。

10㎡未満のベランダからの雨漏りの修理費用の目安

10㎡未満のベランダの雨漏り修理画像

10㎡未満のベランダの雨漏り修理画像

10㎡未満のベランダからの雨漏り修理費用の目安は8万円~15万円くらいが平均価格帯です。ただし、ベランダの手すり壁が腐食しているとか、床板が腐食していることも予想されます。その場合は壁を剥がして下時から修理しないといけなくなるため修理費用は別途必要です。下地補修に必要な費用の目安15~25万円。また室内を通って工事ができない場合は昇降用足場費用が別途かかります。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top