Read Article

赤外線サーモグラフィー雨漏り調査

赤外線カメラで雨漏りのメカニズムを見える化します

赤外線サーモグラフィー調査とは

赤外線サーモグラフィー雨漏り調査中の画像赤外線サーモグラフィー調査とは、雨漏り原因を突き止めるために建物を高感度赤外線カメラで撮影して検査する方法です。
雨漏り119の高感度赤外線カメラは国内最高画素数を誇り、世界シェアNo.1のフリアー社製カメラを導入しています。また世界のサーモグラファーの90%が受講しているITCトレーニング研修修了者が調査に当たっています。もちろんこれまでの実績は100%雨漏りを解決に導いております。

温度管理が重要な理由

温度管理が重要な理由赤外線サーモグラフィ調査では、非接触・非破壊・リアルタイムで建物の温度変化を計測することで、雨漏りのメカニズムを見える化します。
品質管理には温度管理が重要です。例えば、ぬるくなったコーヒーを飲んで美味しいと感じますか?冷めたお風呂に入って気持ちいいと感じますか?それは品質管理は温度と密接な関係があることを示しています。
これを応用したのが赤外線サーモグラフィを活用した雨漏り調査方法です。

赤外線雨漏り画像ある気象条件のもとで同じ場所から同じ角度でリアルタイムに赤外線撮影したとします。同じ建材は同じ温度を示すはずですが、極端な温度差が生じていればそれは何らかの異常があると推察できます。この赤外線画像を解析し、反射や透過を省いたものが正しい診断となり、そこから雨漏りのメカニズムを推察するのが赤外線雨漏り診断です。

赤外線サーモグラフィー調査料金

*基本料金 ¥180,000~

*1 戸建て住宅1棟の雨漏り1箇所に対する調査費用です。外部・内部の撮影も含まれております。撮影箇所10箇所(画像20枚)程度まで。
*2 九州鹿児島から関東茨城県までの戸建て住宅を対象とした一律基本料金です。東北・北海道・一部離島は追加料金が発生します。
*3 世界シェアNo.1のFLIR社製高感度赤外線カメラにて調査を行います。
*4 漏水箇所が複数ある場合、または撮影枚数によって割増となります。¥2,500/枚(可視・赤外線セット)
*5 雨水浸入ルート、推奨修理方法を記載した報告書作成まで含まれております。

オプションメニュー

高所作業車 ¥40,000~60,000/日
オペレーター ¥25,000/日

高所作業車で赤外線雨漏り調査中の画像1.高所作業車は建物前面道路が狭い、もしくは4階建て以上のマンションなどの高層階の撮影を行う場合に必要となることがあります。戸建て住宅ではほとんど不要です。
2.オペレーターは高所作業車が必要な場合の運転手費用です。高所作業車とセットで必要な経費となります。
雨漏り無料相談フリーダイアル窓口バナー画像

国際ライセンスの赤外線診断チーム119PREDATORSはこちら

動画で赤外線サーモグラフィー調査を見る

参考動画1.木造住宅の雨漏り赤外線調査

雨漏り無料相談フリーダイアル窓口バナー画像

赤外線調査に向いている建物条件

  • 前面道路に面している建物
  • 角地に立地している建物
  • 調査対象面の隣地建物との距離が最低5m以上離れている建物
  • 雨漏り個所がサッシや壁際のもの
  • 赤外線調査に不向きな建物条件
  • 金属屋根
  • 調査対象面と隣地建物との距離が4m未満の外壁または建物
  • 周囲が建物に囲まれている建物の外壁が対象の物件
  • 建物周囲が木々や電線などで囲まれている建物
  • あらかじめご了承いただきたいこと

    赤外線調査では、建物を客観的に撮影し、温度分布を確認することで雨漏りのメカニズムの見える化を図るものです。赤外線カメラがあれば誰でも雨漏り原因がわかるというものではありませんので、インターネット上の情報には十分ご注意ください。雨漏り119は雨漏り専門のサーモグラファーです。調査実績や品質も国内トップクラスと自負しております。

    URL :
    TRACKBACK URL :

    LEAVE A REPLY

    Return Top