Read Article

カラーベスト屋根の雨漏り修理事例

カラーベスト屋根の雨漏り診断

松下電工レサスのひび割れ画像カラーベスト屋根は比較的雨漏りトラブルが多い屋根です。塗装リフォームしたら雨漏りが始まったというケースも少なくはありませんが、カラーベスト屋根材自体にも粗悪品が存在しており、自然に割れたりボロボロ剥離してくるようなものもあります。

カラーベスト屋根の雨漏り修理は原則面単位での張り替えとなります。例えば切り妻屋根の場合は棟から片側の範囲を張り替える、寄せ棟の場合は一面を張り変えると言う具合です。

雨漏り診断の方法は散水調査か赤外線調査になります。

カラーベスト屋根の雨漏り修理事例

松下電工レサスのひび割れ画像本件は松下電工のレサスという商品です。経年自然に屋根材が割れていくという不具合のある屋根材なので基本的には塗装メンテナンスはできません。

塗装しても将来割れる可能性が高いこと、あるいは塗装しようと屋根に上がった時点で割れる、高圧洗浄の水圧でも割れることがあります。

屋根の雨漏り修理範囲の選定基準

屋根形状の名称と雨漏り修理範囲を選定基準雨漏り修理を行う時に重要なことはどこからどこまでの範囲を修繕するかという点。修繕範囲を間違えると雨漏りが止まらないということにもなりかねません。

今回は切り妻屋根だったので棟から半分を張り替えましたが、これは瓦の場合も同様ですが、青丸を漏水個所とすると赤線枠で囲った右図のような範囲が最低修理範囲となります。
漏水個所の直上部を補修すればよいということではありませんので注意が必要です。

既存のカラーベスト屋根材を剥がす

既存カラーベスト屋根材撤去中の画像既存のカラーベスト屋根材松下電工レサスを水上から剥がしていきます。この際にできるだけカラーベスト屋根材をむやみに破壊しないように注意しながら剥がして行きます。
屋根材をバラバラに破壊しながら剥がして行くと廃材が嵩張るばかりか、下ろしたり掃除したりするのに手間がかかってしまいます。

できるだけ原形を留める形で釘を抜いて行き、1枚1枚丁寧に剥がして行きます。また無理に引きちぎると屋根ルーフィングが破れるので注意が必要です。

二次防水材を(改質アスファルト)ゴムアスルーフィングに張り替える

二次防水材屋根ルーフィング重ね張り中の画像次に二次防水材である屋根ルーフィングの状態をチェックし雨染みなどがないこと、または下地に腐食によって脆弱化している部分がないことをチェックし、なければ既存のルーフィングの上からゴムアスルーフィングを重ね張りします。ここで下地に脆弱部分があれば下地を張り替えるか補強をします。

ゴムアスルーフィングを使うのがポイント。アスファルトルーフィングだと釘穴止水性が低く水を通してしまうのでゴムアスルーフィングを使います。ゴムアスルーフィングは釘穴止水性が高いので釘穴の弱点を補強できます。

カラーベスト屋根材を新設する

カラーベスト屋根の雪止め金具の取り付け画像二次防水材屋根ルーフィングを張ったらカラーベスト屋根材を水下から順に釘止めし張って行きます。

降雪対策として屋根先端付近に雪止め金具を取り付けます。雪止め金具はこのように上段のカラーベスト屋根材で釘貫通部が隠れるようになっています。

施工業者

カラーベスト屋根張り替え中の画像現場住所:広島県広島市
工事担当:雨漏り119本部 大同防水工業株式会社
電話:0120-208-119
工事費用:約40万円(仮設足場別途) 

Return Top