Read Article

雨漏りのタイプ別で探す

築年数で探す

築10年以内の住宅の雨漏りの場合

築10年未満の住宅の雨漏りの場合は住宅瑕疵担保責任保険が適用されますので、まずは建ててもらった工務店(事業者)へ問い合わせていただき、かし保険に加入していることを確認されることをお勧めします。保険のタイプによっては調査費用も保険が適用されることがありますので、ご確認いただいてからお申込み下さい。
散水調査赤外線サーモグラフィー調査

築15年以上の住宅の雨漏りの場合

築15年以上の住宅の雨漏りの場合は、建物のあらゆる部位で経年劣化が進行していることが予想されます。その場合は雨漏り修理というより改修工事になる可能性が高いので、雨に強いリフォームを提案できる雨漏り119へお任せください。雨漏り119各店舗はリフォーム工事も承っておりますので安心してお任せください。また全店舗がリフォームかし保険登録事業者ですので万が一のときもご安心下さい。
散水調査赤外線サーモグラフィー調査

築30年以上の住宅の雨漏りの場合

築30年を超える住宅の雨漏りの場合、特に屋根が原因であることが大半ですが、セメント瓦など古い瓦ですと調査のために屋根に上がるだけで瓦が割れてしまうことが予想されます。その場合は部分補修はできませんので、屋根の改修工事をご計画されることをお勧めします。平屋の木造アパートなどがこのタイプです。手で触れただけで瓦が割れるような状態では調査はできません。

彫り込み車庫の雨漏り

彫り込み車庫の上に建築されている家の彫り込み車庫天井からの雨漏りも比較的多いです。この場合、現実問題として修理できるケースと修理できないケースがあります。本来は彫り込み車庫のコンクリートを打設した後、屋上と同じように表面に防水施工をしなければなりませんが、施工されていたい家がほとんどです。その上に家が建築されていると、防水できません。彫り込み車庫の上がすべて庭になっているのであれば手立てはございます。
散水調査

繁華街の雑居ビルの雨漏り

繁華街中心部に乱立している雑居ビルは、隣接するビルとの境界が狭く、メンテナンスができないことが多いので、築年数が経過すると雨漏りすることが多いです。この場合足場が立てられなければ修理はできません。また外壁に看板がたくさん設置してあると調査や修理の妨げになり、難しくなります。
赤外線サーモグラフィー調査

地下の雨漏り

地下部分が部屋になっていたり、駐車場スペースになっている構造で雨漏りすることが多いですが、雨水浸入の原因個所が地面に埋まっているので修理工事は難しくなります。また調査も困難です。地下に埋め戻されるコンクリートの壁面は予め防水施工されるべき個所ですので、新築時から意識を高めて貰いたいものです。

■お電話でのお問合せ
ホームページを見たとお伝えください。
TEL : 0120-208-119 (平日9時〜17時) 
Return Top