Read Article

雨漏り119誕生秘話

職人デビュー

代表品川は、防水工事会社に就職し、まずは仕事を覚えるため職人として約10年間、現場作業に従事しました。
ただ防水材を塗る、ただ張るのではなく、よりきれいに、そして早く。、誰よりもうまく。防水施工なら誰にも負けない自信がありました。

そんなある日のこと。
とある大型病院の建築工事の屋上防水を施工していたときのことです。

工期が遅れていたことから夜な夜な投光機をつけて遅くまで残業していました。
大同防水を指名してくれた監督に喜んで貰いたい一心でした。

ある日、めったに屋上に上がってこない作業所長が上がってきたのが見えました。
もうゴールが見えていた私は、所長にどんな言葉を貰えるだろうか、期待しました。

所長:【ご苦労さん。あと何日かかる?】
私:【そうですね、今2層目ですから、予定通りあと2日で完了すると思います。】

さぁどんな言葉で褒めてくれるのか?誇らしい気持ちで待っていました。

監督:【もういいんじゃない?もう漏れないでしょ。】
私:【え・・・?!今、なんて言われました・・・?】

・・・ショックでした。本当はあと1層張らないといけないのに、工期がないからもうそれ以上張らなくて良いと言われたのです。
あと2日待ってくれれば完了するのに、左官の手が空いてるからという理由で次の工程が前倒しに。

まだ防水施工を続けている端から伸縮目地を立てられ、押さえコンクリート打設が始まりました。
その横でなんとか3層張り終わり、契約通り間に合わせたのでした。

下手な正義感からというわけではなく、ショックだった理由はもっとシンプルなものでした。
夜な夜な残業してヘトヘトになるまで頑張ってるのに、それがお客さん(現場監督)には評価されないこと。

品質よりも工期優先の価値観に対し、私は職人としてのやりがいを失ってしまったのでした・・・。

仕事とは
人は誰でも、一生懸命頑張ったら褒められたいものです。誰かが喜ぶ顔を見ることが充実感になり、それが仕事であれば最高です。

思えば防水屋という職種は、建物が雨漏りしないように防水工事を施す重要な仕事でありながらも、そこに住まう人たちとは接点がなく、良くも悪くもストレートな評価を得られない仕事です。

それは、防水工事が下請け産業であるから・・・。
この構造を変えない限り変わることはないと思ったのです。

決断
この頃、建築業界の景気は悪化の一途を辿っていました。そんな時期に路線変更することは容易なことではありません。

“信頼を勝ち取る”

うちの理念に共感してもらえるのは、それでも一般のお客様を相手にするしかないと思ったのです。
これが下請け脱却へ転換したきっかけでした。

出会い
一般のお客様と接点を持つとは言っても、防水工事は日用必需品でもなく、そもそも社会的認知度が低い業種だと気づきました。
そう、われわれの仕事は“雨漏りしないように建物を守る仕事”

つまり一般のユーザーにとっては防水ではなく雨漏りというカテゴリーだと思ったのです。

雨漏り119誕生

カテゴリーを防水から雨漏りにシフトする。そして雨漏りに困っている人たちの役に立ちたい、そこで思う存分自己表現してみたいと思いました。

一般のユーザーと接点を持つ最も有効な手段はインターネットでした。このころのインターネットの普及率はまだ4割程度でしたが、必ず普及していくだろうと思ったのです。

そして試しにインターネットで雨漏りと検索してみたところ、同じようなことを考えていた同業者がいたのです。すぐにピンと来た私は、福岡にいるそのホームページの担当者にアポを取り会いました。すると偶然にも彼も同じように防水屋の2代目として、新たな試みに挑戦していたのです。

ここで不思議なのは、お互いに防水屋の二代目ということだけではなく、親父同士が面識があったのです。同じ組合員同士という偶然。縁とは不思議なものですね。

ネーミング
雨漏りに困っている人にわかりやすいネーミングにしたい。そこで雨漏り119にしよう。119にするか119番にするか。たしかアメリカのTV番組では119だったので番は要らないなと。(笑)

そしてフリーダイヤルも一度知ったら二度と忘れないような語呂合わせが欲しいと。しかし欲しい番号が空いてないのです。
毎日NTTに電話して空いている番号を4つだけ教えてくれるのですが、番号だけはどうしても妥協したくなかったので、第一希望であった0120-208-119が空くことを信じて二ヶ月待ちました。

すると空くはずのないその番号が空いていると知らされ、雨漏り119フリーダイヤル0120-208-119(ふれば いちいちきゅー)を取得できたのです。

しかし、初めの半年は全く時間を無駄にしました。かかってくる電話に出ると
『電話の調子が悪いのですが?』とか『回線がおかしいのですが?』という内容ばかりの電話。

おかしいなと思い調べてみたところ、以前NTTのお客様窓口の電話番号だったのです・・・(笑)
半年間はお金を払って、NTTのサービス対応にあたっておりました(笑)

ただ、この番号を取得できたとき、この事業は成功すると確信したのです。
そして平成13年に特許庁商標登録を取得、全国初の雨漏り修理専門店が誕生したのです。

全国組織化
インターネットの影響力は想像以上でした。公開した途端、全国から驚くほどの問い合わせが来ました。
こんなに雨漏りに困っている人がいるとは・・・

そこで雨漏り119を全国組織化しようと決めたのです。きっと同じような志を持つ人が全国にいるはずだと。

ホームページ上だけの告知だったにもかかわらず、それはそれはたくさんの業者さんから加盟したいと問い合わせが来ました。その数およそ100社以上・・・。

どうしてそれらを加盟させなかったのかと叱責されたこともあります。私の独断で判断したことであり、お断りさせていただいた方にも大変失礼なことをしたと自負しておりますが、ビジネス色が大きかったり儲けたい感が強い方ばかりでしたのでお断りさせていただいたのです。

また、誰でも簡単に入れる組織にはしたくありませんでした。当時Yahoo!カテゴリに登録されることは東大合格よりも難しいと言われていたこともあり、雨漏り119に登録される業者は精鋭中の精鋭でありたいと思っていたのです。若気の至りですね・・・。

再構築
2013年時点で一時は最大15社の組織となっておりました。しかしどこか物足りなさを感じていました。あえていうなら飽和状態にあったような気がします。

組織としてうまく機能しなかったのです。今後をどうしていくか悩みに悩んだあげく、まずは理念を明確にすることから始めました。マネジメントを繰り返しながら、仲間たちと喧嘩もしました。

そこで出した答えは再構築。明確になった理念に沿わない、あるいは独創性が高すぎる店舗はいったん閉店することを決意しました。一度は仲間になってくれた者と別れなければならないのはまさに断腸の思いでした・・・。この時点では5店舗減らし、8社組織から再スタートを切ることを決意したのです。

転機
2014年度に入り、全国の志高き者たちと次々に出会いました。それぞれが平素業務で雨漏りの相談を受けていながらも、どちらかといえば消極的だったり、逃げていたという者たち。でもこれからは真っ向から戦っていきたいと申し出る者が不思議と次々に現れたのです。現在は※全国119店舗まで拡大しています。(2018年1月19日現在)

目指すところ
雨漏りと言えば雨漏り119だと言われるよう、名実ともに日本一の雨漏り解決団体を目指します。そして雨漏りで培ったノウハウをリフォーム工事に還元できるよう、新しいリフォーム・ビジネスモデルを構築し、広く顧客から共感を得られる組織を目指します。

組織数でいえば、雨漏り119ですから、119社を目標に歩んで来ましたが、2018年に目標に到達しました。しかしまだまだ足りません。
特に防水屋さん、板金屋さん、瓦屋さん、リフォーム業者さんなどの業態の方を中心にさらにメンバーを募って参りたいと考えております。

忘れられないお客様
最後になりましたが、今日まで続けて来られたのは、あるお客様との出会いがあったからだと思います。電話帳で雨漏り119を探して下さったあるご夫婦との出会いです。

雨漏り119にご相談いただく前にすでに2社にご相談されており、多額の工事代金を支払ったのに雨漏りが止まっていないというお方でした。
1社目は小さな会社だったので仕方がないと自負されておりましたが、2社目は地元でも有名なリフォーム業者だったそうです。

その業者の言うなりに、結果的に外壁だけでなく屋根までもリフォーム工事を強いられ、総額250万円も使ったそうです。それでも雨漏りが止まっていないことを連絡しても取り入ってもらえないと・・・。

「もうあなたしかいません。どうか私たちを助けてください」と、そのお客様に涙ながらに土下座をされたのはショックでした。目の前で自分に助けを求めている人を見るのはこれが人生初の出来事、雨漏りがここまで人を不幸にするのかと知った瞬間、そして粗悪な業者からお客様を守るために雨漏り119はもっと有名にならなければならないと、強い使命感が芽生えた瞬間でした。

もちろん、その雨漏りは一発で止まりました。止まった後も、雨が降るたびに電話をしたり、訪問したりしてアフターケアさせていただきました。長い間雨漏りに悩まれた方は後遺症が残ります。あれから8年、そのお客様は今でも何かあればご相談いただく顧客様となっています。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

Return Top